テーマ移行中につき、表示の乱れている箇所があります。

Googleアドセンスで表示される特定の広告を非表示にする方法【ブログ初心者向け】

アオミネ

自分のブログに表示される気持ち悪い広告、これどうにかならないの?

今回はこのような悩みに答えていきます。

皆さんはブログを読んでいるときに気持ち悪い広告が出てきて不快な思いをしたことがありますか?

角栓が飛び出す画像やニキビの画像、髭が濃い画像や体型などのコンプレックスを刺激するような広告や性的コンテンツを含む画像など、ブログの雰囲気を損なうに止まらずブログそのものにもよくない印象を持たれかねません。

そこで今回はそういった不快な広告のみを非表示にする方法を紹介していきます。

筆者のブログはこの方法で定期的にこのような広告を管理しているので信頼性担保につながると思います。

(もし表示されている場合はTwitterの方でお知らせくださると助かります💦)

目次

特定の広告を非表示にする方法

まずは、グーグル広告にアクセス。

右上の「ログイン」より管理画面に遷移してください。

左のサイドバーの「ブロックのコントロール」→「広告レビューセンター」を選択。

すると、自分のブログ掲載されている広告の一覧が出てくるので、手作業でブロックしていくことができます。

「関連広告を検索」をクリックすると、写真のように特定のジャンルの広告をまとめて呼び出せるので、まとめてブロックすることができます。

僕はこの方法で漫画の広告、コンプレックス広告はブロックしています。

漫画の広告は離脱率が高くなりやすいため、コンプレックス広告は見てて不快に感じた方が離脱するのを防ぐためです。

ゴシップネタも個人的には不快なのでブロックしていきます。

関連広告ごとまとめて非表示にしていく様子。

オマケ:気持ち悪い広告を出稿している会社はどこ?

広告を非表示にする方法はわかった。

でも、そもそもこの広告を出稿しているのはどこなんだと思う方もいるかもしれません。

このことについては下記に添付した青汁王子こと三崎優太さんの動画が詳しいので詳細は割愛しますが、日刊ゲンダイという会社が出稿している広告のようです。

まとめ
  • グーグル広告は特定の広告を非表示にすることができる
  • 気持ち悪い広告を出しているのは日刊ゲンダイという会社らしい

今回は不快なアドセンス広告を非表示にする方法を紹介しました。

タイトルに【ブログ初心者向け】としたのは、この先ブログで本気で稼ごうと思ったら収益源はアドセンスではなく、アフィリエイトになるため、遅かれ早かれアドセンス自体を外すことになるからです。

僕もアドセンスが振り込み金額に到達したらアドセンスを外すつもりなので、それまでの一時凌ぎとして皆さんも使ってもらえたらと思います。

もしいつも読んでるブログの広告にこういった広告が表示されている場合、この方法を知らない可能性もありますので、ぜひTwitterやお問い合わせフォームを通して教えてあげてください。

>>トップページに戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる