ネギにアイロンをかけたらニラになる?

そんなバカなこと、あるわけ...

ネギとニラは料理によく使われる野菜。

どちらも似たような風味があるので、料理の中で混同されることもしばしばあります。

しかし、本当に異なる食材なのでしょうか?

「ネギにアイロンをかけると、ニラになる」という都市伝説もあります。

果たして、本当にそんなことがありえるのでしょうか。

目次

前提:ネギとニラの違い

ネギとニラは、両方ともヒガンバナ科ネギ属の植物です。

しかし、異なる品種であり、別々の形状、味、香りを持っています。

ネギは秋から冬にかけて、ニラは春から夏にかけて旬を迎えます。

ネギはタマネギに似た形をしていますが、葉の部分が太く、白い部分が長く、緑色の茎が細くなっています。
主に葉を食用とし、独特の辛味があります。ネギは、炒め物や煮物、スープなど、様々な料理に用いられます。

一方、ニラは葉が細く、緑色の部分が長く、根元が白い部分が少なくなっています。
主に葉や根を食用とし、独特の甘さがあります。刻んで餃子の具材や炒め物の香味料、天ぷらや和え物などに使われます。

検証:ネギにアイロンをかけるとニラになる?

「ネギにアイロンをかけるとニラになる」という都市伝説ですが、これは完全なる嘘でした。

ネギとニラは全く別の植物であり、アイロンで熱を加えたところでネギがニラに変化することはありません

むしろ、ネギはアイロンをかけると香りが失われたり、焦げてしまったりして味を損なってしまいました。

結論:都市伝説は〇〇

ネギにアイロンをかけてもニラにはなりません。

ネギとニラは似たような風味があるものの、別の植物であり、全くの別ものです。

都市伝説には、時に真実味のないものもあります。

私たちは、そのようなものを鵜呑みにするのではなく、事実を確認することが大切だということを忘れてはなりません。

この記事が良かったら、「いいね」ボタンを押していただけると励みになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アオミネのアバター アオミネ 趣味ブロガー

趣味でブログを6サイト運営中。

目次